Channel Islands - バリ島でサーフボードを買う!

バリ島でサーフボードを買うの巻!

そのままですが。笑

主人がバリ島でサーフボードを購入しました!

サーフボードを買って滞在中あちこち移動して日本に持ち帰るってハードル高め!と思ってましたが全然ハードルが高くなかったので購入から移動、日本に持ち帰りを詳しく紹介します。

バリ島はサーフショップがいっぱいあるので新品から中古まで幅広くサーフボードが手に入りますが主人が買ったのは「Channel Islands」のサーフボード

 

 

 

Channel Island

クロボカン寄りのスミニャック外れのサンセットロードにある Channel Islands (チャンネル アイランド) に行きました。

欲しいボードはピックアップしていたのですぐに決まりこのアルメリック ポットモッドのサーフボードを購入

日本から全く何も持って来てないので「リッシュコード 」「サーフギア」「 ハードケース」と サーフィンのアイテムを一式をお買い上げ。

「デッキパット」はサービスしてくれました。

全て揃えて翌日チャングーのビーチで練習してました。

 

サーフボードの値段を比例

ピンキリですがサーフボードは日本で購入すると13-18万前後でバリ島で購入すると6.7万前後

「フィンはかわいいデザインがあるかな?」と見てたけどデザインも値段も日本と変わらない感じ。

一式揃えてトータル9万円しないくらい!

 

 

サーフボードを持って移動

私達の旅スタイルは色んなエリアを転々とするのでいつもタクシーやバイクで移動します。

スミニャックからクタに引越しする時にサーフボードが入る大きめのタクシーをお願いしました。

事前にロング?ショート?と聞かれてショートと答えて来たタクシーは普通の乗用車タイプ

や、サーフボードが積めないじゃん!と思ったら運転手さんは手慣れた感じで助手席のシートを倒しサーフボードを入れてシートを戻すと普通に入りました。

ロングになると車に入らないのでルーフキャリーで巻きつけるんだけどルーフキャリーを持ってないタクシーが多いので持参した方がいいとの事。

 

サーフボードの梱包

日本に持ち帰りの手順でサーフボードを預ける時に注意したい点

サーフボードを現地調達した場合は購入先で梱包のエアシートを多めにもらう事!

日本から持ち込みする場合は100円ショップとかで売ってる発泡スチロールで先端をカバーすると欠けや亀裂等を防げます。

結構きっちり梱包したのに日本に帰って見たらサーフボードが欠けてしまいました。泣

サーフボードは海外保険も適用にならないので梱包材と服で防ぐしかない!

 

サーフボードを日本に持ち帰る時

いつもサーフボードの受託手荷物が無料の航空会社を選んでます。

有料の航空会社だったとしても事前に申し込みしてお金を払えば高くないんですがサイズを伝えたりとか面倒なので無料の航空会社で航空券を予約する事がほとんど。

バリ島行きでサーフボードが無料の航空会社と言うとガルーダ航空が有名ですが私が利用してる千歳空港からはガルーダは飛んでないのでエバー航空や大韓航空で予約する事が多いです。

大韓航空は第二ターミナルが出来てとても楽になったので大韓航空率高し。

サーフボードを預ける時に書類の注意事項にチェックしサインします。

 

現地のサーファーがお勧めるサーフボード

現地のサーファーバリ人にお勧めを聞くと皆、口を揃えて「Chilli Surfboard」と言います。

Chilliのサーフボードはとうがらしのマークが付いたやつで店舗はスミニャックとチャングーにあってまだ行った事がないので次回、行きたいサーフショップのひとつになりました。

 

バリ島でサーフボードを買った感想

実際、買うと色々と面倒だって思ってたけど全くマイナスな事が無く買ってよかった!

買う前にリサーチしてるとすぐ決まるし日本から何も持って行かなくてもバリ島で全て揃います!

バリ島には初心者向けのサーフィンスクールもあるのでこだわらないビギナーな方だったらレンタルボードで十分!

是非サーフィンにチャレンジして欲しいと思います。

私も来年はバリ島でロングを買う予定です。

 

Channel Islands Surfboards
Address : Jl Sunset Road No.969 Seminyak Bali
Phone : +62 812 107 97334
Opening Hours : 9:00-21:00 Everyday
Instagram : @cisurfboardsbali

We Travel lifeはランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外ビーチリゾート旅行

自由に旅する主婦 旅先で見つけたフォトジェニックなスポットや日本人があまり行かない小さな島の行き方、ホテルやヴィラの滞在レポートを発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top