Nusa Lembongan - 美しい楽園レンボンガン島に行く前に知っておきたい10の事

2017年に訪れたレンボンガン島の写真を整理してました。

やっぱり離島の良さは海の美しさが全然違う!

離島には劣るけどバリ島にも綺麗なビーチがあるよ!

 

今回はバリ島から30分で行ける事から日帰りツアーもいっぱいあるレンボンガン島とその隣にあるチュニガン島を紹介します。

クタからウブドに行くくらいの時間と交通費で行けちゃうから旅行プランに組みやすい!

バリ島で綺麗な海を求めてる方は絶対お勧めなレンボンガン島

 

 

 

Nusaと付く3つの島

Nusaとはインドネシアでは島の事で「ヌサ」と付く名前の島は3つあります。

Nusa Lembongan (ヌサレンボンガン)
Nusa Cenigan (ヌサチュニガン)
Nusa Penida (ヌサペニダ)

3つのヌサの中で1番大きな島はペニダ島で大きいけど手付かずの自然がいっぱいで一番田舎!

レンボンガン島とチュニガン島はイエローブリッジと言う黄色の橋で繋がってます。

2016年10月16日にイエローブリッジが崩落してしまい現地の人や小さな子供が死傷した悲しい事故がありました。

今は新しいイエローブリッジが完成したのでチュニガン島に渡れるけど私達は丁度、復旧工事をしてる最中にレンボンガン島からチュニガン島に船で渡ったの!

 

レンボンガン島は何泊必要?

レンボンガン島を満喫する為に必要な日数は1泊もしくは2泊!

私達は1泊でレンボンガン島とチュニガン島の両方に行きました。

1泊でレンボンガン島とチュニガン島は観光は出来たけどゆっくりシュノーケルする時間はなかった!

レンボンガン島をしっかり満喫したい場合は2泊もしくは1泊+午後便で帰る船を予約するといいと思います。

「そんなに時間はない!」と言う方は日帰りのツアーがお勧め!

個人手配でバイクレンタルして島を回るよりツアーの方がレンボンガン島の観光名所を回ってくれるので少ない時間でも満喫出来ます。

 

バリ島からレンボンガン島の行き方

バリ島の空港から近い港はスランガンとサヌールからレンボンガン島行きのボートが出ててます。

ウブドに滞在してる人はパダンバイの港の方が近いかな?

スランガン港は利用した事が無いので分からないけどサヌール港は早朝から午後まで頻繁に高速船がレンボンガン島に渡ってます。

高速船に乗る際は膝まで海に入るので濡れてもいい恰好とサンダルで行った方がいいですよ。

 

レンボンガン島の移動手段

レンボンガン島にはタクシーはいないので移動手段はレンタルバイクが主流で相場は100.000Rp(約800円)

私達はホテルでレンタルしたのでバイクの他にも4輪バギーもありました。

大体の高速船のチケットに送迎が付いてるのでレンボンガン島に上陸したら方向別に軽トラのトゥクトゥクが宿泊先のホテルまで送ってくれます。

途中、色んなホテルで観光客を降ろして行くので時間は掛かるけど便利で助かった!

個人手配の方は港で移動手段を確保しましょう。

 

レンタルバイクを借りる時の注意

レンタルバイクを借りる時はパスポートが必要!

レンボンガン島に限らずバリ島では国際免許の効力が無いので必要無し!

必ず借りる時は「タイヤの空気」「傷や破損」をチェックしバイクの写真を撮る事!
写真を撮る理由は返却時にトラブルに巻き込まれないように証拠を残す為と同じようなバイクがいっぱいあるので自分のバイクが分からなくなった時の確認用

たまに駐車場に停めてたバイクが移動されたりするよ。

 

 

ガソリンスタンドが無い!

レンボンガン島にはガソリンスタンドが無くガソリンは商店に瓶で売られててお金を払うとお店の人が入れてくれるので初めてのレンタルでも大丈夫!

気を付けなくちゃならないのは商店が少ないしアップダウンが多くガゾリンの減りも早いのでこまめに給油してガス欠しないように気を付けてね!

 

アクティビティが楽しめる島

レンボンガン島はマングローブが群生しているのでマングローブのボートやサーフィンやシュノーケルも出来ます。

ダウンカレントがある場所も多いのでアクティビティはガイド付きツアーがお勧め!

カレントの死亡事故も多いと聞いたので気を付けてね。

 

アクティビティだけじゃないレンボンガン島の見所

レンボンガン島もチュニガン島も小さな島だけどバリ島にはない綺麗な海
その美しい景色を眺めながら食事が出来るフォトジェニックなレストランやビーチクラブもいっぱいあるよ♩

 

レンボンガン島の宿泊施設

レンボンガン島には「ホテル」「ヴィラ」「ゲストハウス」が揃ってます!

値段も高級な所から数千円で泊まれる安宿まで様々

私が宿泊したホテルは海沿いに建てられていて目の前がプライベートビーチになってるよ。

 

美しいサンセットは宿泊者の特権!

これは宿泊する人の特権♡

サンセット好きにはたまらない美しさなので日が暮れるまでにホテルに戻りゆっくりサンセットを観賞して下さい。


We Travel lifeはランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外ビーチリゾート旅行

 

自由に旅する主婦 旅先で見つけたフォトジェニックなスポットや日本人があまり行かない小さな島の行き方、ホテルやヴィラの滞在レポートを発信! 実際に行って経験した情報を載せてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top